塩壷 丸形 S|川尻製陶所

  • ¥2,200
    単価 あたり 
(税込) 配送料は購入手続き時に計算されます。

残り0個!
入荷予定

登り窯だからこそ生まれる風合い

伝統的な登り窯でうつわを焼いているので、窯の中の火が器に当たる場所によってほの赤く現れる斑紋の「火色」。ひとつひとつ味わい深い表情に仕上がるのがなんとも言えない風合いでとても素敵です。

川尻製陶所 塩壺

呼吸しているからお塩が固まらない

釉をかけずに高温で焼く「焼き締め」という技法でつくられているため通気性に優れています。蓋を閉めた状態でも器の生地が吸収し、水分を蒸発させてくれるので、塩が固まらず、使いやすい状態を保ってくれます。

川尻製陶所 通販

いつも使うものだからこそこだわりたい

日々の暮らしの中でいつも使うものだから、暮らしに馴染む良質なものを使いたい、出会いたい。土ものの風合いを存分に楽しめる焼き締めの陶器。革製品のように使っていくうちに質感が変わってくるのも楽しみのひとつです。

川尻製陶所の塩壷
川尻製陶所 栃木の作家さん

お塩以外にも使い道いろいろ

通気性、調湿性に優れているので、中に入れておくと味がまろやかになります。にんにくや生姜など入れておくと長持ちしておいしさが増します。※砂糖壷のように内側は釉薬でコーティングしていないので、汁物や色がつくものを入れるはお避けください。

川尻製陶所 益子の作家


塩壷 - 使用のご案内 -

■ご購入後は、一度通常食器を洗うように洗っていただき、よく乾燥させてからお使いください。

■湿った場所や梅雨の時期は外気の湿度を吸収し壷に入れた塩が濡れることがあります。そのような場合は、電子レンジで約1分程度、塩壷が熱くなり過ぎない程度に温めていただくと、水分を飛ばすことができます。
■塩壷のご使用中、稀に壷の外側に塩が吹き出す場合があります。これは、細かい穴を通って塩壷が呼吸する際に、空気と一緒に塩が漏れ出したもので、塩壷を使う際に稀にですがみられる現象です。欠陥品ではございませんので、ご了承の上お使いいただきますよう宜しくお願いいたします。
■塩壷は目止め(お米の磨ぎ汁で煮る)の必要はありません。

器は全て伝統的な登り窯で焼成している為、 薪の火の当たり具合により変化が大きく、1点1点表情が異なります。大らかな自然が生み出す個性としてお楽しみください。

◆◆川尻製陶所さん、その他のうつわ一覧はこちら◆◆


商品詳細

生産地 日本
素材 陶器
サイズ

直径 : 約7.5cm
口径 : 約7cm
高さ : 約8.5cm
重さ : 約222g

電子機器

電子レンジ : 可
食洗器   : 不可
オーブン  : 不可
直火    : 不可


 川尻琢也(川尻製陶所) KAWAJIRI Takuya(Kawajiri-seitoujo)
2006年 栃木県立窯業技術支援センター
2007年 沖縄県読谷村 北窯 與那原工房に師事
2010年 益子にて作陶をはじめる


川尻製陶所さんの登り窯にお邪魔しました。
こちらから
益子川尻製陶所さん工房訪問

 「うつわ」に関するご理解
〇ひとつひとつ手づくりのため、色味、かたち、模様、大きさ、厚み、重さなどに個体差が生じます。また、同じ釉薬、土でも色ムラ、濃淡が出てきます。
〇絵付けもひとつひとつ手描きしているため、表情が異なることがございます。
〇商品によって製造工程により小さな穴、小さな黒点、線キズ、突起、ピンホール、ガタつき、ゆがみが見られる場合がございます。
〇商品の画像はできるかぎり実物に近い色味に近づけるよう画像処理を行っておりますが、ご使用のパソコンやスマホのディスプレイ画面により色味や質感が違って見える場合がございます。
〇当店では製造元、窯元、作家さんの検品だけでなく、当店にて最終検品をクリアしたものをお届けしております。
〇商品写真はサンプル撮影となりますので、お届けするお品は細部まで同じものはございません。
〇お客さまのご都合による返品、交換はお受けしておりません。ご理解、ご了承の上、お買い求めください。
〇工場の量産品にはない手づくりならではの「味わい」「面白み」としてお愉しみいただけると嬉しく思います!

 川尻製陶所さんからのおススメお手入れ方法
ご使用の前に目止め(お米の研ぎ汁で10~20分程煮る)していただくと、シミ等のトラブルがなく使っていただけます。

〇油ものや色の濃いものを長時間入れておくとシミになる場合がありますので、ご使用後は早めにお洗いください。
〇食洗器は使用できますが、高い水圧や、器同士がカタカタ当たると傷になることがありますので、ご注意ください。


オススメ商品