笠間焼(茨城・笠間の作家)

笠間焼は、江戸時代中期、笠間藩・箱田村の名主であった久野半右衛門が、信楽焼の陶工 長右衛門に教わり開窯したことが始まりです。その後も信楽との関係は続き、そのため、笠間で作られた甕などは信楽焼と似た風合いが感じられます。昭和初期に大量生産の波に押され、危機を迎えた笠間焼ですが、現在は全国各地から色々な作風の個人作家が移り住み、現代陶芸の盛んな地となっています。外からの人や新しいものを受け入れる自由で懐の深い背景が現在の笠間の地を作っています。



Go to top