【工房訪問】栃木 益子・ わかさま陶芸さんのあたたかい益子焼

Posted by 店長もな on

大人気の「わかさま陶芸」さんのフレンチレースシリーズ。
フランスのアンティークレースにインスパイアされ誕生したお品です。

わかさま陶芸のフレンチとガーデンシリーズ



レース模様は凹凸になっていて、陽刻が釉のかかりや焼具合で、色々な表情を見せてくれます。一つとして同じものがないのが、「自分の器」として楽しむことが出来ます。

大人気の白(マット)のスープカップ長角皿が欠品となっておりましたが、少しだけ再入荷しておりますので是非ご覧になってくださいね!

 

フレンチレース白マット

 

わかさま陶芸のフレンチレース白マット長角皿

白(マットホワイト)は、ヨーロッパの石膏を思わせるような真っ白なしっとりとした仕上がり。ところどころの焼き色が程よく上品さを印象ずけています。

フレンチレースのスクエア皿



わかさま陶芸のフレンチシリーズ

お色違いでグレーもございます。
光の具合によって、深緑に見えたり、薄いグレーに見えたりと色合いが変わります。新しいものなのに、アンティーク調のような風合いです。大きめの角皿(27cm)はパーティーなどの前菜皿や、手まり寿司を乗せてみたりなど、用途は広がります。

わかさま陶芸の長角皿

 

 
スープカップは、収納時のスタッキングもすっきりなので、「見せる収納」にもいいですね。

 

わかさま陶芸のスープカップ

 

丸皿は、23cmの大皿と20cmの中皿をご用意しました。
大皿はワンプレートのおかずや取り分け料理にもばっちり。中皿はデザート皿、とりわけ皿などに。

フレンチレースの丸プレート皿


フレッシュなフルーツをのせたり。美しいお皿のレース模様に、食べ物がよりひきたちます。

わかさま陶芸のフレンチレースプレートグレー


【工房にお邪魔しました】 


栃木県益子に工房を構える「わかさま陶芸」さんは、陶芸家の 若林健吾さんがお作りになった工房です。先日、ちょっとだけ益子の工房にお邪魔させていただきました。

わかさま陶芸工房



益子の自然豊かな大沢地区に工房と事務所があります。
下の三角お屋根の建物は、見習いさんたちの寮だそうです。

わかさま陶芸に工房見学行きました



伺った日は本当に暑い日でしたが、職人さんたちが暑い中、一生懸命作品を作られていました。作品たちは太陽の光を浴びて気持ちよさそうでした。

わかさま陶芸のカップ


お屋根の上でも日光浴中! ほっこりする光景です。

わかさま陶芸の益子焼



大きな窯は電気釜。益子焼の工房の中では規模は小さくはありませんが、手作りの風合いが素敵に残る作品を丁寧に作陶されています。

わかさま陶芸の工房訪問




「そういえば、お母さんのご飯にはいつもこのお皿を使っていたなあ..。」
あたたかい家族の記憶の中に、まるで名脇役として存在する...使い込まれるうちに思い出の中でも「容れもの」になれるような、そんなうつわの作成を目指されています。

この度はお忙しいところお邪魔させて頂きありがとうございました!



その他のわかさま陶芸さんのお品はこちら

わかさま陶芸

 

 

 

 

 


Share this post



← Older Post Newer Post →