美濃焼の産地散策めぐり(岐阜 土岐市・多治見市)

Posted by 店長もな on

美濃焼とは

美濃焼は岐阜県の南東部(土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市)で製作される陶磁器の総称です。東濃地方は、日本最大の陶磁器生産拠点であり、中でも土岐市は日本のやきもの全体のシェア半分以上を誇り、生産日本一の町として知られています。土屋さん、釉薬屋さん、鋳込みや屋さん、絵付け屋さんなど工程が分業化され、それぞれの専門家が担当し制作されています。


 美濃焼のふるさと 岐阜東濃地区は歴史ファンにはたまらない土壌!

歴史ファンかじりのしきおり店主。関東で育った為、教科書や本、テレビの中の地名や名称が続々と登場する岐阜・土岐市や多治見市の街はドライブしているだけでもウキウキワクワク。ちょうどNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が放送しているタイミングで、「美濃といえば美濃のマムシ!」「可児市って明智光秀の故郷と言われているところだ!」「織部!千利休の弟子で戦国武将の古田織部?!」などなど、1人テンション上がりっぱなしで騒いでしまいました。そんな歴史ワードが散りばめられた場所を訪れると、「ここで歴史が生まれ、文化が生まれ、広がっていった」のが、肌で感じることが出来ます。

 

陶磁器をお得に買うなら訪れるべし!


織部ヒルズ Oribe Hilles

 公式サイト
〒509-5171 岐阜県土岐市泉北山町3-1
☎0572-55-1322 

オリベヒルズ

岐阜の土岐市にある「織部ヒルズ」は美濃焼の陶磁器卸商社が集まる商業団地です。伝統的な美濃焼から普段使いの食器、お店で使う商業的な食器などを個人で訪れても割安で購入することが出来ます。広々とした敷地内に陶磁器卸商社が点在していて、宝もの探しのような楽しさがあります。

織部ヒルズ地図

毎年5月には土岐美濃焼まつりが開催 

織部ヒルズでは日本三大陶器祭りのひとつ「土岐美濃焼まつり」が毎年5月に開催されます。来場者数は毎年30万人訪れ、東海地方では最大の陶器市です。(残念ながら2020年は中止になりました。来年の開催を楽しみに致しましょう!)


織部ヒルズ公式instgramより
会場マップ (2019年)

 

どうやって行くの?

電車⁺バス or タクシー
JR土岐市駅から市民バス。「美濃焼団地」行きバス、「美濃焼団地」停留所下車。約15分。バスの本数多くありませんので確認が必要です。

土岐美濃焼まつり開催期間中は、JR土岐市駅北側より無料シャトルバスが出ます。朝8時30分より10~15分間隔で運行。


中央自動車道土岐I.C. 約5分。
東海環状自動車道「五斗蒔スマートIC」から約5分
東海環状道「土岐南多治見IC」から約10分

陶器市開催時には特設駐車場も増設設置されます。

※無料シャトルバスや駐車場の詳細は公式サイトなどでご確認ください。



陶器市開催時期でなくても、卸値価格で購入することが出来ます。何しろ販売数が多いので見ているだけでも楽しい場所です。


 

道の駅 志野・織部 

公式サイト 

〒509-5171 岐阜県土岐市泉北山町2丁目13−1
0572-55-3017


「道の駅 志野・織部」は織部ヒルズの隣にありますので、織部ヒルズと是非一緒に行ってみてください。時期により変わる作家さんのうつわや美濃焼のお土産ものはもちろん、日常使いで利用できる食器も購入することが出来ます。お食事処もあるので休憩にもぴったりです。織部ヒルズから下の方にトコトコと下がっていくと到着!

道の駅志野織部


今注目の作家さんなどのうつわも並んでいます。


土岐で作陶されている田中志保さんのうつわ。おもわずうっとりする素敵さです

田中志保さんの器
田中志保さんのうつわ

色とりどりの美濃焼の箸置き。毎日のご飯が楽しくなりそう!

美濃焼の箸置き


多治見本町オリベストリート

 土岐市のお隣り多治見市にあるオリベストリートは、明治初期から昭和初期にかけて建てられた商家や蔵が残る本町の陶都創造館(元たじみ創造館)を中心とした約400mのエリアです。岐阜出身の茶匠で武将だった古田織部の卓越したセンスをもとに作られ、レトロな街並みを残し個性豊かな店舗が立ち並んでいます。作家さんや手作りの雑貨などのおしゃれなお店もあり、ゆっくりのんびり散策したい場所です。公式サイト

オリベストリート地図


どうやって行くの?

電車⁺徒歩 JR多治見駅から約徒歩10分

 中央自動車道 多治見I.C. もしくは  土岐I.C. から 約15分 
  東海環状自動車道 土岐南多治見I.C. から約10分など。
(有料駐車場数か所あり)



毎年4月には多治見陶器祭りも!

例年4月第2土、日曜日にオリベストリートで陶器祭りも開催されます。
美濃焼を大特価で販売し約20万人の人が訪れます。2020年は新コロナ感染症の影響で中止となりましたが、次回は令和3年4月第2土曜日・日曜日開催予ということで予定されてます。多治見市公式サイト


素敵なお店が並んでいるオリベストリートの中でお勧めのお店を少しですがご紹介します!

ハナタロウ商店
〒507-0033 岐阜県多治見市本町6丁目
営業時間 10:00-16:00 定休日 不定日
☎ 090-9123-6689

はなたろう商店


古民家の素敵な店舗に作家さんのうつわや生活道具などがセンス良く並んでいます。一品一品が選ばれたお品ということが分ります。



織部うつわ邸
 
〒507-0847 岐阜県多治見市小路町3−2
営業時間 10:00-17:30 
☎0572-25-3583

築100年の商家屋加藤幸兵衛氏をはじめ、地元の有名作家の器から普段使い出来るものまで並んでいます。和風庭園を眺めながら甘味処もあるのでお抹茶でちょっと休憩もいいですね。


三角屋
〒507-0033 岐阜県多治見市本町6丁目10−1
営業時間 土・日・祝日 12:00‐17:00
定休日 平日
090-8550-6567

三角屋

レトロなタイルがおしゃれな外観のお店です。
60年代前後の海外向けのデットストックやどこか懐かしいアンティークのガラスのコップ、陶器のうつわが置かれています。見ているだけで引き込まれてしまうお店です。



TSUNAGU
〒507-0033 岐阜県多治見市本町5丁目15−2
営業時間 11:00‐18:00  定休日 火
☎ 0572-26-8279

オリベストリートtsunagu

こだわりの手仕事から生まれる生活道具のお店。店内は白を基調にした清潔感のある雰囲気の中に手作りの優しさの残る商品が集まっています。普通のくらしをもっと素敵に出来る厳選されたアイテムがそろっています。
 




以上、まだまだ紹介しきれないほど素敵なお店ばかりでした。焼き物や雑貨、古いモノ好きにはたまらない場所です。是非足を運んでみてくださいね!


しきおり店主 もな

美濃焼 カネコ小兵製陶所さんのお品はこちら


Share this post



← Older Post Newer Post →