ルリアメ工房 

ルリアメ工房


「明治、大正時代の''舶来品''と呼ばれた日本と西洋が重なり合った、まか不思議な魅力を表現したい」と作家の酒井薫さん。日本の食文化として、お父さんはお父さんのご飯茶碗というように、特定の人が自分のうつわとして使う「属人器」。お気に入りのものを選んで自分のうつわとして長く愛用してほしいという想いが込められています。

ルリアメ工房さんにお邪魔してお話をお聞きしました。こちらから