【新入荷&工房訪問】 川尻製陶所 登り窯ならではの焼き色豊かな塩壷と砂糖壷が入荷しました!

投稿者 :店長もな on

店主が一目ぼれしてしまった川尻製陶所さんの素敵な塩壷、砂糖壷のご紹介です!

川尻製陶所さんの塩壷
秋が深まるころ益子にある「川尻製陶所」さんにお邪魔してきました。

益子の陶芸作家工房訪問
栃木益子町にある川尻製陶所さんは、現在窯を守っている琢也さんのお父様が作られた登り窯の窯元です。そんな登り窯のことを「絶滅危惧種」と表現する琢也さん。今は実際にメインで稼働している窯と考えると、日本の陶磁器の各産地に一つあるかどうかという割合でしか残ってないとのことです。

創設者であるお父様は、「何でも作ってしまう人」とのことで、登り窯も職人さんと一緒に作成。工房や店舗もほぼ作られたというから驚きです!

川尻製陶所工房見学
益子作家工房のろくろ工房の横にはかわいらしい売店。いろいろな焼き色や風合いのものを直接手に取って見ることができます。

栃木川尻製陶所さん店舗訪問
ほっこりした雰囲気の店内。

川尻製陶所売店(益子)

益子川尻製陶所お店訪問
2代目となる川尻琢也さんは、2006年に栃木県窯業技術支援センターで修学後、沖縄の北窯 與那原工房で登り窯の焼成などを学ばれました。沖縄や九州では今でも昔からある技法などが残っていて、学ぶべきことがとても多いとのこと。

登り窯への入り口にある川尻さん手づくりのかわいらしい看板。

登り窯への看板 川尻製陶所
益子で登り窯自体は40基ほどあるそうですが、ほとんど使ってないか(2011年の震災で壊れ以後使わなくなったもの含む)、年一度程度で使用するという窯となるそうです。登り窯にこだわり、常時稼働しているのは川尻製陶所さんのみとなっています。

窯の入り口。美しい自然と相まって雰囲気の良い景観。

登り窯への入り口(川尻製陶所)約2カ月に一回というスケジュールで窯出しを行っています。

益子の登り窯(川尻製陶所さん)
燃料はそれぞれ状態が異なる廃材を利用しているため、仕分け作業や薪割なども手間がかかります。

登り窯の特徴登り窯内部。隣の部屋の熱を活かしつつ、各部屋に燃料(薪)を入れ、調整しながら焼成。

登り窯内部
窯内部ののぞき穴。

登り窯ののぞき穴
こちらの穴に小さなサンプル品をいれて焼成の状態を確認します。

登り窯は完全な酸化(酸素が多い状態で焼く)や還元(酸素が少ない状態で焼く)にはできないので、酸化ぎみ、もしくは還元ぎみという感じで微調整をしながら焼成します。同じ釜の中でも、酸化ぎみに焼けるものもあれば、還元ぎみの味わいが出たりと、自然の変化が器に現れガス窯や電気釜にはない美しさを生みだします。

川尻製陶所さんの登り窯訪問
窯の中では、火が一方から流れるので「作るのに適した物」というのがあると思うと川尻さん。益子の粗い土を利用して、「特産品」となるような作品を考え作陶されています。

 塩壷
塩壷 川尻製陶所さん砂分が多い益子の土を利用しているので自然に内部の水分を調節するそうです。お塩の他にしょうが、にんにく入れにもばっちり。ほんわりかかったスカーレット色(緋色)がなんとも言えない豊かな表情で素敵です。

陶器の塩つぼ内部

砂糖壷

砂糖つぼ 川尻製陶所
砂糖壺の内側は釉薬がかかっていて、余分な水分を入りこんだり閉じ込めたりする作用があります。お砂糖の他に、梅干しやラッキョウ、新生姜など保存食を入れてそのまま食卓に出しても素敵ですね。

陶器の砂糖つぼ内部
登り窯の特徴でもあり魅力でもありますが、窯の位置によりお色に個体差が強く表れます。

川尻製陶所さんの砂糖壷※商品ページにて焼き色はアルファベットでお選びいただくようにしております。


益子の粗い土を活かしたスパイスミル
川尻製陶所 スパイスミル
ザラザラとした表面が、ほどよく擂りつぶすことができます。

益子の土のスパイスミル
多くの窯元が利用している電気釜やガス窯、灯油窯より自然の状態に左右されるため、焼くための手間もかかり、ロス(商品として出せないもの)も多く効率は決して良いとは言えません。しかしその分、作られた作品はあたたく味わい深い焼き色になり、他では見られない風合いとなります。

「昔はみんな登り窯だったんです。だからそんなに特別な技術というかそういうことではないんです。ただやはり焼成が安定してないので、作り続けていくのは大変ですね。やめようかなと思うこともありますが、そうなったらたぶん陶芸もやらないと思います。」と琢也さん。

約10年前から益子で作陶開始。しかし1年後の2011年、東日本大震災で窯の半分が壊れるという事態になります。ご自身の窯も半分くらい壊れたのにも関わず、あちこちの壊れた登り窯をお父様と一緒に直しに出向かれたとのこと。登り窯の作り手があまりいないので大忙しだったそうです。

「もっと登り窯をする人が増えればいいと思ってます。今後とはどうやって
それを残していくか、伝えていくかにも関われればいいなとは思っています。」

こちらのいろいろな質問にも、とても丁寧に答えてくださり、実直で誠実なお人柄の川尻さん。お話させて頂き、登り窯への深い愛情を感じました。これからも素敵な作品楽しみにしていますね!

川尻製陶所(売店)
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子4327

川尻製陶所さんのお品はこちら

川尻製陶所通販


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →