【工房訪問】和と洋の感性が溶け合う清らかなうつわ 藤村佳澄

投稿者 :店長もな on

岐阜県で作陶している作家 藤村佳澄さんに工房でお話を伺いました。

藤村佳澄さんのうつわ通販

藤村さんは、広島県呉市のご出身。尾道の大学の美術学科でデザインを学ばれている時に、ある作家さんのコップを目にし、「こういう生き方もあるんだな...。」と思ったのが、陶芸家を志すきっかけだったそうです。

生活で使うものを作るということが良いなとも思いました。」と藤村さん。

静かにゆっくりとお話になり、こちらの質問にも言葉一つ一つを考えて答えてくださいます。よどみなくお答えになるわけではないですが、お聞きする話はいつもストーリーがあって、すっと聞く人の心を動かす。そんな藤村さんの瑞々しい感性が投影されたうつわは、温もりのあるやさしい質感と美しさを感じます。

大学卒業後に学ばれた岐阜県多治見市の陶磁器意匠研究所を2012年に卒業。今も多治見市で作陶活動をされています。お邪魔した工房は、多治見市の街中にある日本の古民家を作業場にされていて、やさしい光が入り込む空間は、藤村さんが作り出す器にしっくりと調和していました。

藤村佳澄さんの工房にお邪魔しました

藤村佳澄さんの工房

お花やお菓子などをモチーフに和洋折衷な雰囲気を大切に。全ての作品は型などは使わず、凛とした曲線を描くよう自らの手で心を込めてロクロで成形されています。

花型小鉢 白
花型が美しい藤村佳澄さんの白磁の小鉢


藤村さんの代表作のカヌレ茶器。ロクロでさまざまな器を作ってた時に、端の方を曲げたら''カヌレみたいだな''と思い作り始めたのがきっかけだそうです。

カヌレ茶器 白

藤村佳澄さんのカルネカップ通販

どの作品も優雅さを感じるフォルムと清らかで気品漂う白磁に目を奪われてしまいます。使う人の側で穏やかに佇み、長く愛されるようにと願いを込めて作陶されています。

四つ葉ミニ小鉢 白

藤村佳澄さんお四つ葉ミニ小鉢

土は岐阜県南東部に位置する瑞浪の磁器土を使用。白いマットな質感の釉薬は汚れが内部まで染み込むことがなく、清潔に使い続けやすくなっています。磁器ですが、繊細な手作りのお品なので、電子レンジや食洗機のご利用はお避けください。目止めの必要はございません。

花型7寸切込皿 白
花型5寸切込皿 白
藤村佳澄さんの花型5寸と7寸切込皿

「これから作ってみたいものは、5年〜10年程前にやっていた、天然灰をかけてガス窯で還元焼成でのうつわ作りをそろそろ再開したいなと思っています。あと土物で飯碗を作りたいです。」と藤村さん。

これからのご活躍もますます楽しみです!この度はお忙しいところお邪魔させていただきありがとうございました。

藤村佳澄さんの作品はこちら
藤村佳澄のカルネ通販

 


この投稿をシェアする



← 投稿順