【工房訪問】心が弾む可愛らしいうつわ 梶田慶

投稿者 :店長もな on

当店でも大人気のキュートな作風の梶田慶さん。茨城県笠間の工房にお邪魔しお話を伺いました。(2021年12月28日更新)

梶田慶のショートケーキの器通販


見ているだけで思わず''かわいい~!''と頬がほころんでしまうような、愛らしい作風の梶田さん。ショートケーキをモチーフにした作品はどれも美味しそう! 実は、前職ではパティシエを約6年間されていたのだそうです。

梶田慶さんのショートケーキの器


「パティシエールとして、お菓子を作っていました。働く傍ら、洋菓子のコンテストにも夢中になってました。私はマジパン細工というものをずっとやっていたんですが、アーモンドをペースト状にした粘土状のお菓子で着色して自由に人形を作ります。県大会と全国大会があって、毎年出品していました。」


マジパン加工とは、細かいパーツを組み合わせ、人情や動物、風景などを表現します。ケーキの上に載っているサンタさんや人形などご覧になったこともあるのではないでしょうか。ヨーロッパではそのままで食べることも多く、土地の文化に根付いていたり、個性的な形状のものも。とても精巧に作られたものも多く、これがお菓子なの?と驚かされることもしばしば。そのマジパン細工で梶田さんは色々な大会で受賞歴もあるほどの実力者でもあります。

「お菓子作りと、陶芸ってすごく似ている部分が沢山有って、特にマジパンは、粘土の感覚に近いので親近感があったんだと思います。」


お菓子作りのパティシエから陶芸家へ。そのきっかけは、都内でたまたま笠間焼を取り扱ったお店に立ち寄ったのが、陶芸との最初の出会いだったそうです。それまで'' 陶芸=渋い''というイメージが大きかったそうですが、そのお店には動物やお花などの可愛く絵付けされた器を多く取り扱っていて、ある意味衝撃を受けたのだそうです。そしてそこで知ったある作家さんが笠間で展示をしているのを聞き、実際に作り手さんとお話する機会を得ます。

陶芸家と呼ばれる方との初めての出会い。’’器からイメージしていた通りの方で、作品ってその人の性格がストレートに出るんだな''と感じたそうです。そこから梶田さんの笠間通いが始まります。

当時、お菓子の専門学校を卒業して、ケーキ屋さんに就職したばかりの梶田さんは、仕事と葛藤していた時期だったこともあり笠間へ行くことが良い息抜きに。緑が沢山有り、素敵な器屋さんや、良い出会いもあり、笠間が大好きになっていったそうです。

本業だったパティシエのお仕事は、やりがいもあったそうですが、体力もいり、チームで動いているので協調性も必要。これから何年も先ずっと今のモチベーションのままお菓子作りを続けていけるか不安になった時でもありました。そんな時、とある陶芸家の方から陶芸を勧められます。

「それまで陶芸家って親元が陶芸家の方か、美大を卒業した優秀な方しかなれないと思っていたのですが、よく見てみると、違う職から陶芸家に転身する方が沢山居る事に気づきました。そこで、今まで働いてきた経験が、陶芸に生かせるんじゃないかな?って思ったんです。」

本当にその転換は一瞬だったそうです。笠間に陶芸を学べる学校が有る事を知り、勢いでそのまま笠間の大学校に進学する事を決められます。梶田さんとお話しいると、ご本人がお話する内容そのままに、作風が梶田さんの個性を表しています。とても可愛らしく、素直な方でいらっしゃるので、きっと色々な方からたくさん愛され、道もおのずと開かれていったのではと思いました。


梶田さんの笠間の工房にお邪魔しました

新人作家ながら個性ある可愛らしい世界観で多くのファンの方を魅了している梶田さんの作品たち。今後の制作の打ち合わせも兼ねて工房に伺いお話をおききしました。

「笠間陶芸大学校の先生にはいつも怒られていました。」と梶田さん。どうしても作りたい作風があり、学校の課題には苦労したそうです。

梶田慶さんの作業台

現在の工房は''出世運''のある物件だそうで、梶田さんの前に住んでいた作家さんたちは、成功してより広い制作スペースのある物件に引越していった方々ばかりなのだそう。

愛用の窯は電気窯。
梶田慶さんの窯

''自分は運だけでここまできた。''とおっしゃる梶田さんですが、神奈川の実家などに帰られていたり、少し工房から離れると「あ...作りたい。」と思ってしまうのだそうです。制作に対する姿勢は、とてもストイックで努力していらっしゃることが工房を拝見すると分かります。

ちょうど愛らしい動物の作品の制作途中でした。

梶田慶さんの動物のお皿

動物の種類ごとに合うモチーフやカタチなど、使う人が喜んでくれるものに近づけるようにと市場の反応を注意深く見て変化させていきます。なお、こちらの動物の商品は当店でも次回取り扱い予定ですのでお楽しみに。

梶田慶さんのうさぎの器通販


さて、取り扱いさせていただいている作品のご紹介です!


梶田慶さんの器通販

みんな大好きショートケーキ。やっぱりの組み合あわせをしてみたかった!

梶田慶のショートケーキ皿通販

絵本の一ページから抜け出てきたような世界観に引き込まれます。

いちご リム皿
いちご マグカップ
梶田慶の可愛いお皿通販

土は磁器土を使用、窯は電気釜で制作。飾りがついているので、電子レンジや食洗器は控えてくださいね。


可愛すぎて思わずパクっとしないように気をつけましょう!

いちご 箸置き
梶田慶さんの箸置きいちごケーキ通販

使う人が愉しく明るい気分になるようにという思いを込めて。
制作するときはご自身も心身ともに健康な状態で作るよう心掛けているそうです。

いちご フリーカップ
梶田慶さんのフリーカップ通販

いちご マグカップ
梶田慶さんのマグカップ通販
「立体物が付いているので、重ねたりする事が難しかったり扱いづらいと感じる部分も有るかと思いますが、飾って保管して頂いたり、新しい視野で器を楽しんで頂けたら嬉しく思います。」と梶田さん。

今後は大きめのお皿や、壺などの大物、器の種類も増やしていきたいとおっしゃってました。これからもきっと梶田さんワールドの愛らしい作品が生まれることと思います。ますますのご活躍を楽しみしてますね!


梶田慶さんの作品はこちら

梶田慶さんの可愛いいちごの器



この投稿をシェアする



← 投稿順