【工房訪問】静岡 浜松 くるり窯さんの粉引のうつわ

投稿者 :店長もな on

静岡浜松の中心地から車で1時間ほど走り、のどかな山々に囲まれた一本道を登っていくと、見晴らしの良い丘の上に福井一伯(かずのり)さんの工房があります。

くるり窯さん工房訪問

工房からは緑豊かな山々の連なりが一望出来ます。思わず「やっほ~!」としたくなります。

くるり窯さん工房訪問


海が好きだった福井さんは、高校、大学と海洋系の学校で学ばれます。当初は船に乗る仕事に興味を持たれ学ばれてましたが、長期航海での実習経験が思いのほか大変で、自分には向いてないのかもしれない..と思い始めます。そんな大学生の頃、岡本太郎さんのパッションやエネルギーが溢れ出る本や絵を見て、モノを作ることへの興味やあこがれが触発されます。小さなころから絵を描いたりするのが好きだった福井さんは「自分も自らの手で何かを生みだすことをやってみたい。」と思うようになります。タイミング良く山梨の陶芸教室の体験スタッフの募集を見て応募。良い師匠とのめぐり逢いもあり、約5年間のご経験を経て念願の「くるり窯」を築窯。そして地元浜松で陶芸家が使っていたこの素敵な工房に出会います。

伺った日も静岡の豊かな恵みを感じる風が吹き抜けていました

「気候のいい時は最高ですが、冬は結構寒いです(笑)」と福井さん。

くるり窯工房訪問
作品に味わい深さを表現するために灯油窯を使用。

くるり窯の灯油窯


工房にある趣きのある煙突が印象的。

静岡くるり窯工房訪問


前の持ち主の陶芸家の方が残された立派な薪窯。いつかこちらの薪窯も試してみたいとおっしゃってました。

くるり窯の薪窯
くるり窯さんの工房訪問

現在の陶芸のお仕事についてお伺いしたところ、「自分で作って、イベントやクラフトフェアなどで売って、お客さんやお店の人と話しフィードバックをもらい、また考えて作って売る。そんな流れが自分には合っていると思います。」と答えて下さいました。

くるり窯さん工房訪問
福井さんは、こちらの色々な質問にも一つ一つを分かりやすく答えてくださいます。作品のことを語る時は、修正を何度も加え、使い手側の細かい要望に応えようとされているのが分かります。モノづくりの感性はもちろんですが、理系の感覚も強く持っている方なので、作陶することについて、課題、検証、修正の作業を楽しんで取り組んでいるように感じました。

くるり窯訪問

作品を作る上で、大切にしているのはサイズ感とバリエーション。それぞれの家でよく使う器は異なるので、同じかたちのものを1寸(約3センチ)単位で細かくきざみながら作成。「もう少しこうだったら...」の使い手の声に寄り添ったうつわ作りをされています。

土の風合いを残し丸みややわらかさを表現できるように意識されているため、瀬戸と岐阜の赤土をブレンド。色合いや鉄粉が味わい深く表れるように調整しています。


くるり窯粉引鎬リム7寸通販

素地に化粧土を施し、釉薬をかけて焼成(還元焼成)。粉引きのうつわは、だんだんと景色が出来ていき、使うほどに味わい深いものに。

くるり窯7寸粉引マット

リム鎬皿 7寸 マット

くるり窯のマット釉の醤油さし

くるり窯のマット釉醤油さし
醤油さし 鎬マット

マット釉と灰釉マットは釉薬の違いで色合いが異なります。
くるり窯マット5寸皿
リム鎬5寸皿 マット

灰釉は淡いブルーが上品な色合いです。


粉引のうつわは経年変化も楽しみの一つです。使い始めの頃は、油や食べ物の染み込みが所々現れることもありますが、使っていくうちに全体に馴染んでいくので、違った風合い楽しむことができます。ゆっくりとうつわの変化を愉しみたい場合は、毎回使用する前にさっと水にくぐらすと食べ物の油や色の染み込みを防ぐ効果があります。

くるり窯鎬マグカップ
マグカップ中 鎬マット
マグカップ中 鎬灰マット


くるり窯の粉引箸置き

カトラリーレスト マット
カトラリーレスト 緑灰釉

日々、色々な技法を試される福井さん。お話した時には、素地にハンコを押して、呉須(青く発色するもの)を塗った作品の制作途中を見せて頂きました。また、より丈夫な使い勝手の良いものを作っていきたいともお話しされてました。今後も新しいスタイルの作品が登場することと思います。これからも楽しみにしてますね!(お忙しいところお邪魔させていただきありがとうございました。)


くるり窯さんのお品はこちら

 くるり窯通販


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →