【新入荷】砥部焼 陶彩窯が愛媛から入荷しました!

投稿者 :店長もな on

砥部焼とは?

愛媛県伊予郡砥部町とその周辺市町で作陶されている陶磁器です。大洲藩主・加藤泰候の命により、磁器の制作が始まったのが約240年前。江戸後期には良質の川登石(かわのぼりいし)を発見したことにより、素地が白く呉須(藍色)の染付磁器となりました。また、厚みのある飾り気のない形、材質の硬さなど特徴があります。代表的なデザインとして唐草文などがあり、その他、なずな文、十草文、太陽文なども伝統的な模様です。現在も砥部町およびその周辺には約100軒近くの窯元があり、伝統的な技法、絵模様を受け継ぎつつ、新しい風合いの砥部焼が生まれています。 

陶彩窯 長戸製陶所(とうさいがま ながとせいとうじょ)

今回お取り扱いを始めた長戸製陶所さんをご紹介いたします。

陶彩窯

愛媛の砥部町でご家族(長戸 哲也さん、 純子さん、裕夢さん)の三人で営んでいる工房です。日々の生活を大切に丁寧に過ごしていけるような、暮らしにそっと馴染むようなうつわを作陶されています。

陶彩窯のうつわ

砥部焼の代表的な技法「染付」で江戸時代の古砥部小様を参考に描かれた器は、現代的なセンスが感じられます。逆に新しさを感じるようなデザインです


長戸製陶所のうつわ

オリジナルの土と釉薬を使うことで生まれるやさし気で繊細なひび模様の貫入。美しい白色の素地と細かな貫入の為、使っていくと割と早く色移りや染み込みがあります。時間と共に変化し、使い込むほどに味わい深いうつわとなっていきます。

砥部焼陶彩窯のうつわ


是非、経年変化を楽しんで「自分の器」を育ててみてくださいね!

 

しきおり店主 もな

陶彩窯のお品はこちら

陶彩窯 長戸製陶所


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →