意匠と用途が共存した趣のあるうつわ 冨本大輔

投稿者 :店長もな on

土の味わい深い和の器を作られている冨本大輔さん。当店でも作品の取り扱いをさせていただくことになりました。愛知県常滑で活動している冨本さんにお話を伺いました。

常滑散歩道常滑さんぽ道にある煙突



愛知県常滑。日本でも代表的な焼き物の産地の一つですが、冨本大輔さんのご実家も窯元です。陶芸が身近にあった環境ではありましたが、愛知大学の経営学部で学ばれます。そして、信用金庫に2年間勤務した後に陶芸の道に入られたそうです。

自分の行為で人の心を動かしたい”という思いが、思春期よりあったのは確かです。昔から何かを作ることは好きでした。そして自分の家には土と窯があったので、作り始めたという感じでしょうか。」と冨本さん。明確な意思というのは初めはなかったそうですが、今は焼き物が大好きだとおっしゃいます。

冨本さんの器を始めてみた時、その表情の美しさに思わずはっと息をのんだのを思い出します。素朴さもありつつ、渋く光る個性が心地よいというか、そんな印象を受けたのを思い出します。

冨本大輔さんの器通販

少しくすんだ色合いにするため、土は常滑の土と半磁器の土、またせっき土をブレンドして使用。色付きの土でもあるせっき土は吸水性を少なくするためにも加えています。

「当たり前のようだけど難しい、そんなものに惹かれます。まずは使いやすく、洗いやすく、手入れがしやすいように。そして流行に引っ張られ過ぎないようなデザイン性も出せたらいいなと。''意匠と用途''を意識し自分なりの和食器を作れればと思っています。」

冨本大輔さんの5寸通販

まるで自然に存在したかのように見えるような冨本さんの作品たち。日々季節を感じ、和食器のもつ奥ゆかしい美しさと機能性を引き出すようにと、試行錯誤をしながら自分の理想のカタチに近づけています。


赤絵と鉄絵で描かれた独楽筋(こますじ)。ろくろを回しながら絵付けをしていきます。独楽はいつまでも回り続ける縁起の良い文様として古くから親しまれてきました。

灰釉鉄絵5寸リム皿

冨本大輔さんの7寸皿オンライン販売

陶土に含まれている鉄分が焼成時に酸化して黒点=鉄粉が表情ゆたかに。
窯変がスパイスを加え、クールで趣のあるものにしています。

冨本大輔さんの7寸皿青通販

くすんだ素地に落ち着いた呉須で描かれた輪線(りんせん)がクラシカルな雰囲気です。

灰釉染付5寸鉢 輪線

冨本大輔さんの中鉢通販

灰釉染付7寸平皿 輪線

冨本大輔さん7寸青通販

縁の部分などに現れている少しオレンジ色は、通常よりも水分の多い釉薬を使用している為に土との反応でやさしい発色に。

冨本大輔さんの器販売


灰釉染付3寸皿 二重線
灰釉絵付3寸皿 赤絵 x 鉄絵線

冨本大輔さんの器販売


そぎ落とされた和の美しさと自然のあたたかな風合いが、日々の食卓をぐっと押し上げてくれそうです。昔から親しまれてきた和食器の基本のカタチを大切に。使った人が何かを実感できるようなものをという作り手の思いが込められた器です。


冨本大輔さんの取り扱い作品一覧はこちら
冨本大輔さんの器


この投稿をシェアする



← 投稿順

Go to top